CATEGORY 株式(個別株)

沢登大好き証券マンのレポート

■山のお散歩・食事編です ヒザを痛めてしまい、3週間沢行きが出来ません。そこで今回は丹沢の鍋割山にある鍋割山荘名物の鍋焼きうどんと、高尾影信山の青木茶屋のなめこ汁と野草の天ぷら、キノコラーメンを掲載します。鍋割山に登った…

新元号「令和」、新たな株式相場開始か!?

本日から新年度が開始いたしました。当社としても、本日、プレミア証券からOKプレミア証券に社名変更いたしました。新元号も「令和」に決まり、新たな時代の幕開けのように思います。 本日の日経平均株価は、新元号が決定するというこ…

沢登り大好き証券マンのレポート

■ 詰めの雪には苦労しました 3月9日、丹沢の大山に突き上げる大山川右俣を遡行してきました。この沢は暖かくなるとヒルが出ますので、ヒルが怖い我々は晩秋から早春にかけ登っています。写真は二条8m滝と、この沢の核心である10…

3月決算、高配当銘柄に注目!

コード 社名 市場 株価 業務内容・概況 1884 日本道路 東証一部 6,610円 清水建設系の道路舗装工事事業者。舗装用材料の製造・販売、スポーツ施設なども行う。成長戦略として舗装以外の工事事業、海外事業の拡大などを…

回帰トレンドの見極めが必要!!

前回(2月19日)に掲載した5銘柄、その後の動向を掲載いたします。注目していただきたいのは、やはり回帰トレンド分析の方向です。上向きを維持しているのか、それとも下向きとなっているのかを確認していただきたく思います。この回…

沢登り大好き証券マンのレポート

■モミソ沢の遡下行をしてきました 3月2日、丹沢モミソ沢の遡下行をしてきました。アプローチの戸川林道途中で、主に丹沢の沢登りのブログをあげているT氏に追い抜かれました。T氏も今日はモミソ沢遡行の計画とのことでした。モミソ…

回帰トレンド分析、トレンドは上向き?下向き?

今回も回帰トレンド分析を中心に5銘柄を掲載いたします。なお、回帰トレンド分析の定義については2018年10月29日のブログを参照してください。 <3186 ネクステージ> 東証一部(小売業) 中古車販売大手。東海から全国…

沢登大好き証券マンのレポート

■完全休養日 先週(2月2日・3日)は風邪のぶり返しとヒザ痛で山遊びできずに、完全休養日となってしまいました。泊りの沢で、自分の好きな西丹沢檜洞沢の2+2+4+4m滝の写真を掲載します。この沢は西丹沢ビジターセンターまで…

沢登大好き証券マンのレポート

■ひざの調子が良さそうなので、大岳山に行ってきました 先週の土日は休養のつもりでしたが、ひざの調子が良いことと、上手くいけば雪がついた山を歩けるかもと考え、奥多摩の大岳山へハイキングに行ってきました。以前よく大岳山に行っ…

株価の明暗分かれる!?

2019年1月9日に掲載いたしました銘柄が、その後どのように株価が変動したか、ご覧いただきたいと思います。回帰トレンド分析※を見ましても、個別銘柄の明暗が分かれているように思います。 <4286 レッグス> 東証一部 販…

沢登大好き証券マンのレポート

■冬向きの沢 1月20日の葛葉川の遡行で右ひざを痛めてしまいました。幸い26、27日は関東甲信でも降雪予想が出ていますのでゆっくり休養し、痛みが引きましたら丹沢の大山川右俣やモミソ沢などほとんど水のない沢を遡行しようと考…

沢登大好き証券マンのレポート

■葛葉リベンジに行ってきました。 今月3日に葛葉を遡行しましたが、思わぬ円高の影響(?)で中退しました。20日、入渓点の葛葉の泉では地元の方々が周辺の清掃のため、大勢集まっていらっしゃいました。この方々のおかげで、いつも…

回帰トレンドの上向き銘柄に注目

新年、明けましておめでとうございます。本年も引き続き、よろしくお願いいたします 昨年12月10日にコメントしましたのは、FRBの今後の舵取りにも注視しつつ、来年もマーケットに内在するリスクに対処していきたいとしました。今…

沢登り大好き証券マンのレポート

あけましておめでとうございます。 ■年明けのNYダウは大幅安!! 年明けのNYダウは、アップルが中国販売の低迷などを理由に2018年10~12月の売上高予想を下方修正したこと等で、3日に660ドル安と大幅安となりました。…

沢登り大好き証券マンのレポート

盛夏には水量豊富な奥多摩などの沢へ、晩秋から早春にはヒルが休んでいる丹沢などの水が少ない沢へ、都合のつくかぎり行っています。今まで妻と二人で行っていましたが、今年から会社の同僚も参加するようになりました。もっとも加齢に加…

内需関連銘柄に注目!

日本株は米国景気や米中摩擦など、海外発の材料に値動きが左右される展開が続いています。そこで今回は、来年にかけて、海外の材料に比較的影響の少ないと思われる「内需関連銘柄」に注目してみました。 コード 社名 市場 株価 業務…

来年の株式相場は・・・

こんにちは。いつもご愛顧いただきありがとうございます。 早いもので、今年もあと3週間となりました。 昨年末、戌年を迎えるにあたり「戌は笑う」といった縁起の良い相場格言にあるとおり、投資家の方々が笑顔になれる相場を期待して…