CATEGORY 株式(個別株)

沢登り大好き証券マンのレポート

■転換点? 米中貿易協議やトランプ米大統領のウクライナ疑惑、中国経済減速、激化する香港情勢、国内においては「桜を見る会」の政治問題化に加え、上場する製造業の2020年3月期の業績下方修正額が7年ぶりの高水準になるなど、株…

沢登り大好き証券マンのレポート

  ■10月28日に挙げた5銘柄のその後の動きは以下のとおりです。 ■台風通過後、初の沢行きです 葛葉川本谷を遡行してきました。やはり水量はとても多く、いつもは流れがないところも水流がありました。この時期になり…

日経平均株価は1年ぶりの高値!マザーズ指数?

日経平均株価は8月6日の安値20,110円から3か月で約3,000円上昇している。マザーズ指数は8月6日の安値836円から底練り状態が続いている。循環買いを狙ってマザーズ銘柄を選んでみた。 (注)上記5銘柄の株価は201…

沢登り大好き証券マンのレポート

■10月21日レポートでお伝えしたとおり、自動車と半導体関連を取り上げます。なお、株価、PER(当期予想)、PBR(前期実績)は10月25日引け値でjijipressから、チャートはブルームバーグから出典しています。 ◆…

沢登り大好き証券マンのレポート

■市場のセンチメントが変わったのでしょうか 米中貿易摩擦や日米貿易協定、半導体市況の回復などポジティブな情報が出てきました。米中貿易摩擦では米中の部分合意が市場の緊張を和らげています。また日米貿易協定は10月7日正式に署…

沢登り大好き証券マンのレポート

■軽いネンザをしてしまいました 散歩に行った高尾山の下りで、前から来る人をよけた途端でっぱりに乗ったことに気付かず、足をひねってしまいました。沢でやってしまったならともかく、こんなところでと唖然としました。下の写真は水根…

インフラ銘柄に注目!

国土交通省によると、高度経済成長期に建設され、建設後50年を経過した社会インフラの割合は、全国約73万か所の道路橋のうち25%、同1万か所を超えるトンネルの20%に及ぶ。天候異変による自然災害は近年増加の傾向にある。イン…

沢登り大好き証券マンのレポート

■FRBの追加利下げ 米連邦準備理事会(FRB)は18日、7月に続き0.25%の利下げに踏み切りました。18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での投票メンバー10人のうち3人が反対票(2人は利下げに反対、1人は0.5%…

沢登り大好き証券マンのレポート

■水根沢その3 8月24日またまた水根沢に行って来ました。翌25日は奥多摩でワサビ田補修のイベント参加のため、水根沢キャンプ場にテン泊しました。水根沢は中間点の半円の滝で遡行終了とするパーティも多いですが、後半も面白いと…

20年3月期決算、第1四半期好決算銘柄に注目!

8月の株式相場はトランプ大統領の中国に対する追加関税引き上げの影響もあり世界的な株安になった。 そのような状況の中、今回は小型株で第一四半期で好決算銘柄に注目してみた。 コード 社名 市場 株価 業務内容・概況 3341…

沢登り大好き証券マンのレポート

■恒例の前川大滝沢に行って来ました 8月3日、前川大滝沢に会社の同僚も加え3人で行って来ました。多少水量は多かったようですが、好天に恵まれ素晴らしい沢登りが出来ました。この沢に行くたびに、滑川温泉の福島屋に宿泊しています…

沢登り大好き証券マンのレポート

■水根沢攻略法 7月21日、今年2回目の水根沢へ行って来ました。下の写真はこの沢の前半の核心部であるCSトイ状4mの滝です。今日のように水量の多いときは、泳いで取り付くのは困難なので、右壁の細かいホールドをたどり、滝の手…

世界的金利低下の中で、配当銘柄に注目!

米国が、7月31日のFOMCで政策金利を引き下げる方向にあることから世界的に金利引き下げの傾向が顕著になってきた。 日本市場は第1四半期の決算発表を控えているが、配当銘柄に注目したい。 コード 社名 市場 株価 業務内容…

沢登り大好き証券マンのレポート

■奥多摩の水根沢へ行って来ました 6月22日今年初めての水根沢です。この沢は全身ずぶ濡れになる夏向きの沢で、天気もイマイチですし、この時期はまだ混んでいないと思っていましたが、上智大学などかなり多くのパーティが入渓してい…

世界はリスクオン相場へ

メキシコへの関税率引き上げの延期、米中首脳、G20サミットで協議へ、米欧で世界的な金融緩和、マネーが動き出した。 輸出関連の日本株は円高による業績の不安により、上値が重い。そのような環境の中、今回はマザーズ銘柄に注目した…

回帰トレンドの変化は、流れの変化!?

5月28日にブログで掲載しました5銘柄、その後どのような値動きをしたか、ご覧ください。来月も「テクニカルから見る個別株の選び方」の勉強会を行います。お気軽にご参加してみてください。 <1719  安藤ハザマ> 東証1(建…

沢登り大好き証券マンのレポート

■同僚は今季最初の沢登りです  5月11日と6月1日、西丹沢のマスキ嵐沢に行って来ました。6月の遡行には昨年から沢登りを始めた、会社の同僚が参加しました。マスキ嵐沢は行程が短いのが玉にキズですが、白い岩肌がきれいで明るい…

小型株に注目

米国の強硬な通商政策の矛先が中国にとどまらずメキシコに拡大したことから世界経済の減速懸念が現実味を増した。 日経平均株価もリスク回避から下落を続けている。そのような状況下において影響が比較的少ないと思われる、今期の業績が…

回帰トレンド分析で見た個別株

こんにちは。4月23日以来の投稿となります。前回は10連休前であったこともあり、「日本の株式市場における長期休場リスク」についてざっくりと言及させて頂きました。 「連休明けの株価急落」は無かったものの、米中貿易摩擦の深刻…