沢登り大好き証券マンのレポート

■昨年のGWに行った沢です

写真は昨年のGWに遡行した世附川流域の山伏沢(沖ビリ沢とも呼ばれています)です。この沢は遡行開始までのルートファインディングと詰めが核心部でした。この流域は魅力的な沢も多く、今年もGWにはテン泊2泊程度で予定していましたが行けませんでした。自粛解除待ちです。

■アラカルト

今回は遠隔医療やハンドソープ、5G 、EC向け庫内作業代行などの銘柄を取り上げてみました。なお、株価、PER(当期予想)、PBR(前期実績)は5月15日引け値でjijipressから、チャートはブルームバーグから出典しています。

■4088 エア・ウォーター 東証1部

株価 1518   PER 11.62   PBR 1.03

産業用ガス2位、医療用酸素で首位の企業です。セグメント別では医療関連の売上が2019年3Qで1355億円(22.9%)、産業ガス関連の1380億円に次ぐ売り上げとなっています。医療用ガスの供給体制を足掛かりに医療器具のレイアウトなども提案し、手術室の施工では約50%の国内シェアを誇ります。8K対応の手術器具を世界に先駆けて発売、これを5Gと組み合わせれば、遠隔地から医師が診断したり手術の指示を出すことが可能となります。5月14日に予定していた2020年3月期の連結決算発表は、5月28日に変更予定となっています。

 

■4912 ライオン 東証1部

株価 2460    PER 27.05    PBR 3.53

歯ブラシは国内首位、トイレタリーも国内3位です。「バファリン」や工業用品も展開しています。5月8日に2020年1~3月期の連結決算を発表しました。それによりますと本社の土地売却益に加え、ハンドソープなど衛生用品の販売が利益を押し上げ、純利益は前年同期比3.9倍の135億円でした。新型コロナウイルスの流行で、ハンドソープの販売が好調で、利益率の高い衛生用品が伸びたことで全体の利益も改善しました。ハンドソープは新型コロナウイルスの感染拡大で品薄状態が続いており、今後も需要が見込めるとして生産能力を従来の1.3倍に増強します。

 

■6737 EIZO 東証1部

株価 3445    PER 17.02    PBR 0.81

PCや遊技機用ディスプレー専業メーカーで、医療、産業など特定用途を育成しています。欧州で高占有で、北米で航空管制用モニターも好調です。5月8日に2020年3月期の連結決算を発表しました。それによりますと連結純利益は前期比8%増の46億円でした。遊戯人口の減少や規制改正の影響によりアミューズメントの市場は縮小傾向で厳しい状況が継続しましたが、航空管制用途では北米に加え、中国でも販売が増加、好調な販売が継続しました。また4Qにおいては新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、遠隔診断用途やテレワーク用途の需要が増加しました。2021年3月期業績予想はコロナウイルス感染拡大の影響から未定としました。

 

■7729 東京精密 東証1部

株価 3665    PER 12.73    PBR 1.41

精密測定機器と半導体製造装置を中心に展開している企業です。これらの製品は工場での製造・検査工程のほか、様々な工業品の設計に際に使われています。5月11日に2020年3月期連結決算を発表、それによりますと5G関連需要は増加したものの、メモリ半導体の需要調整長期化や、自動車関連業界が投資抑制を続けたことなどにより営業利益は前期比39.3%減の122億82百万円、当期純利益は同51.2%減の71億57百万円となりました。同時に2020年4~9月期の連結純利益が前年同期比31%増の56億円になりそうだと発表しました。次世代通信規格「5G」向けの投資が動き出し、半導体製造装置が伸びる計画です。

 

■9325 ファイズHD 東証1部

株価 1001    PER 72.21    PBR 9.26

アマゾンが最大顧客でEC向け庫内作業代行のほか、拠点間輸送、宅配も行っています。柱の庫内作業代行は埼玉・川口新拠点寄与が想定を超えています。5月11日に業績予想を修正を行いました。それによりますと、物流センター運営事業を行うオペレーションサービスでの新規プロジェクトが順調に推移、既存事業所の受託業務範囲の拡大、トラック輸送事業も順調に推移、経常利益が2020年5月10日に公表した予想を38.1%増額し3億44百万円としました。翌12日には関西地区エリアでの宅配便サービスをスタートさせる発表もしています。21年3月期も庫内代行はアマゾンのEC荷量増勢で堅調に推移しそうです。

上記5銘柄以外でも、ご質問などございましたら、榊原宛までご遠慮なくお問い合わせください。

03-4360-3063(直通)  090-2649-0396(携帯) k.sakakibara@okpremiere-sec.co.jp

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
榊原潔

学生時代に獅子文六著の、田舎青年が東京の株式仲買店に就職し紆余曲折を経て大相場師になる痛快小説『大番』を読み、その主人公にあこがれて商品先物や証券など投資・投機の世界に飛び込み43年が経過しました。
自分の投資スタンスは短期投資です。先の読みにくい時代だからこそ短期で結論を出したほうがいいと考えています。買った株が思惑通り株価が上がれば利食えばいいのですが、逆に動いた場合、見切りができないことが多いと思います。その時にどのようなアドバイスをするかで担当営業マンの真価が問われると考えています。
お客様のご要望は多種多様です。短期投資のみならず様々な観点から最善のアドバイスができるよう、日々研鑽しています。
今後ともよろしくお願いいたします。