波乱の幕開けだった金融市場!信用倍率1倍割れの銘柄に注目

米国によるイラン司令官攻撃により3日のニューヨーク市場は株安、円高、原油高となり波乱の幕開けとなった。東京市場は6日451.76円安で取引を終えた。ただ、先週末(10日)は23,850.57円と大納会の23,656.62円より高く取引を終え、マーケットは回復しつつある。このような状況の中、信用倍率、1倍割れの銘柄に注目してみた。

※信用倍率は1倍を上回るほど買い残高多くなり、下回るほど売り残高が多くなる。下記チャートの青のラインは売り残を赤のラインは買い残を示します。


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
後藤正彰

誕生日:1959年5月10日
東京都出身・相場歴34年


私が担当するお客様の中には、新社員のころから約30年にわたってお付き合いをさせて頂いているお客様もいらっしゃいます。長きにわたりもっとも大事にしてきたことは、お客様との直接の面談です。今では大手の証券会社でも、頻繁に面談を行う事はなくなったと聞いてます。私は、対面で安心を感じて頂きたいと思い、お客様先へ足を運ぶことを続けてきました。対面ですと、きめ細かなご相談に乗れることが、大きな特徴です。私は、お客様とコミュニケーションをとりながら、細かなご希望に沿った資産運用をアドバイスさせていただいています。