主要通貨の変動率

出所:くりっく365「ヒストリカルデータ」より筆者が独自に作成

2019/1/3 安値 終値 2019/12/24 終値 対安値(※)
USD/JPY 106.175 107.66 USD/JPY 109.405 3.04%
EUR/JPY 120.375 122.65 EUR/JPY 121.280 0.75%
GBP/JPY 131.89 136.04 GBP/JPY 141.56 7.33%
AUD/JPY 72.355 75.435 AUD/JPY 75.700 4.62%
CHF/JPY 107.68 109.09 CHF/JPY 111.48 3.53%
CAD/JPY 77.87 79.84 CAD/JPY 83.12 6.74%
NZD/JPY 69.74 72.03 NZD/JPY 72.70 4.24%
ZAR/JPY 7.120 7.520 ZAR/JPY 7.725 8.50%
TRY/JPY 18.02 19.68 TRY/JPY 18.40 2.11%
MXN/JPY 5.375 5.485 MXN/JPY 5.765 7.26%

出所:くりっく365「取引所日報」よりデータを抽出

(※)対安値 = (2019/12/24における終値 - 2019/1/3における安値) ÷ 2019/1/3における安値 × 100[%]

12月も残すところあとわずかとなりましたが、今年のFX市場は年初1月3日のフラッシュ・クラッシュから始まり、大波乱の幕開けとなりましたが、その後は大きな反発場面もなく、ほとんどの通貨が8月に年初来の安値をつけたあと、年末に向けて徐々に回復する傾向になっています。

1月3日フラッシュ・クラッシュ当日の安値と昨日(12月24日)の終値を比較してみますと、最も上昇率が高いのは南アランド/円の8.50%で、最も上昇率が低いのは、ユーロ/円の0.75%です。

トルコリラ/円に関しては、1月3日安値との対比では2.11%上昇していますが、終値で比較しますと、1月3日19.68円に対して、18.40円で6.5%値下がりしています。

今年のFX市場は、年初のフラッシュクラッシュ等、時に急激な動きがみられたものの、1年を通じ全般的にレンジ相場の1年であったと言えるのではないでしょうか?

 

来年はレンジ相場から抜け出し、大きなトレンドが形成される1年になることを期待して、今年最後の投稿とさせて頂きます。

2020年が皆様にとりまして、素晴らしい1年になることを心からお祈り申し上げます。

本年同様に、来年も何卒よろしくお願い致します。


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
森村等

昭和54年大学卒業後に大手商品先物会社に入社し、営業一筋に40年経験を積んできました。20歳代後半から商品先物取引のディーリングを始め、テクニカル分析などのノウハウを構築し、商品アナリストとして貴金属、農産物、オプション取引に精通しています。40年勤めた先物会社を定年退職した後、これまでの経験と人脈を活かし、現在、OKプレミア証券にて外務員活動をしています。最近は商品先物で培ったデリバティブ理論を活用して、フィールドをFX取引にも拡大し、お客様のニーズに応じて、短期、中期、長期いずれの投資スタンスにも対応できる自信があります。お客様から信頼され、末永くお取引いただけますよう、誠心誠意お付き合いさせていただきますので、何卒宜しくお願い致します。