東京金は、テクニカルが弱気!?

皆様こんにちは。前回(8月29日)のコメントで、現時点で最適な投資先(金融商品)が他に見当たらないため、金が更なる大口投機家の買い増しが入りやすいと考えながら、ロスカットを設定し、もうしばらく買いで考えるのが良いとお伝えしました。

上記のチャートは、東京金日足になります。前回コメントを更新した8月29日の終値は5245円であり、今月5日には5304円を付けました。ただし、その後、修正安を演じております。

<東京金が下落した理由>

6日発表した8月の雇用統計によりますと、非農業部門雇用者数は、季節調整済みで前月比13万人増と前月(15万9000人増)から雇用の伸びは減速し、米中貿易戦争の激化による景気先行き懸念が浮上しました。しかし、その後のFRBパウエル議長が討論会の中で、「米国と世界経済が妥当なペースで拡大を続け、景気後退に陥る公算は小さいと予想」したことや、「政治的要因がFRBの金融政策過程で考慮されることは決してない」などと発言したこから、米長期国債利回りが緩やかに上昇した為、NY金に利益確定売りが出始め、東京金は5200円を割り込むことになりました。

米国金ETFの保有残高も減少傾向にあります。投資人気のバロメーターとなる米国金ETFは、9月4日に895.90トンまで増加しましたが、その後882.42トンと4日間で13.48トン減少しました。つまり、NY金から資金が流出したことになります。

<NY金のテクニカル>

 

 

NY金をそれぞれのテクニカルから分析していこうと思います。まずは、単純移動平均から見ていきたいと思います。25日移動平均線を終値ベースで維持しながら、NY金は上昇していました。しかし、今週に入り、その移動平均線を下回り、売りシグナルとなるデットクロスを形成してきております。ボリンジャーバンドを見ますと、中心線を下回り、σ=ー1まで売られてきております。極めつけは、一目均衡表です。NY金価格が転換線を下回り、基準線も下回ったことから、遅行線がNY金価格にまもなく突入しようとしております。これは何を意味するかと言いますと、相場が動き出す兆候ということになります。これらのテクニカル面で、NY金は修正安を演じると予想します。

<NY金内部要因>

NY金市場における大口投機家のポジション(棒グラフ)を見ると、買い(上左図)は更に増加し、売り(上右図)も若干増加しております。つまり、大口投機家が新規買いしている一方で、新規売りをした大口投機家が存在しているということになります。ここからは、私の想像ですが、仮に何らかの要因で、NY金が下落し、大口投機家による買いポジションの整理商いが出た場合、その一方で新規売りも出やすくなると考えております。投資資金が金から流出し始めていることもあり、どこのタイミングで大口投機家のポジション調整が出てくるか、注目していきたいと思います。

※建ち玉等のご相談は、メールにて承っております。

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
高橋英希

誕生日:1972年11月17日
岩手県出身・相場歴25年


私は、金融業界で20年以上経験があり、株式や商品先物など、お客様へ幅広い提案をしております。ファンドの動向や時代の流れを読みながら、事実を背景に、相場のポイントをお伝えするようにしています。
買いチャンスであっても、余裕を持って取り組むことをおすすめしています。急に相場が反対に動いた時でも、対応がしやすいように考えていきたいですね。この姿勢は少し慎重かもしれませんが、まずはお客様の安心があってこそ、良い取引ができると信じています。