世界はリスクオン相場へ

メキシコへの関税率引き上げの延期、米中首脳、G20サミットで協議へ、米欧で世界的な金融緩和、マネーが動き出した。

輸出関連の日本株は円高による業績の不安により、上値が重い。そのような環境の中、今回はマザーズ銘柄に注目したい。

コード 社名 市場 株価 業務内容・概況
2334 イオレ 東証マザーズ 3,170円 コミュニケーションアプリ「らくらく連絡網」や求人サイト「ガクバアルバイト」など、学生向けを中心としたWebサービスを提供。ユーザー情報データベースを活用し、ターゲティング広告の開発や求人広告事業なども手がける。バイト求人サイトをベースに派遣・中途採用領域へ拡大した総合求人ポータルサイトを今期中をめどに検討している。
3930 はてな 東証マザーズ 3,950円 「はてなプログ」などのコンテンツプラットフォームの運営をもとに、コンテンツマーケティングを展開する。集英社やKADOKAWAとUCGサービス、アライアンス事業成長。サーバ監視「Mackerel」に新機能、仮想化技術「コンテナ」に対応した監視ツールの提供を開始。特に難しい設定が必要なく簡単に監視を始めることを可能にした。
3990 UUUM 東証マザーズ 4,240円 YouTuber向けのマネジメントプロダクション。4,300以上のYouTubeチャンネルに対して、マネジメント、動画制作サポート、オファーなどを提供するクリエイターサポートサービスが主力事業。毎年開催のイベント「U-FES」を過去最多の10都市で実施へ、ファン開拓を加速する。
4381 ビープラッツ 東証マザーズ 3,335円 サブスクリプション(継続従量課金)ビジネスを行う事業者向けプラットフォームを展開する。バックオフィス向け管理機能、販売向け・ユーザー向けフロント機能、商流構築機能を備える。IoT、通信(MVNO、光コラボ)、クラウド事業者を中心に提供。筆頭株主、東京センチュリーの持株比率が2割から3割強に上昇、提携関係を強化、大口案件開拓に期待が持てる。
6067 インパクトホールディングス 東証マザーズ 4,735円 消費財メーカー等に店舗巡回を提供する営業支援事業と流通・飲食チェーン等に覆面調査を提供する流通支援事業が主軸。フィールドマーケティングシステム「Market Watcher」を独自開発。経営支援を行う目的で和菓子製造販売事業も展開する。インドでコンビニ展開始動。第三者増資で10億円調達、インド出店費用に充当する。現地最大カフェチェーンのJV先からまず500店舗譲り受ける。

(注)上記5銘柄の株価は2019年6⽉25⽇(火)の終値、下記チャートは時事通信情報提供サービスからの出典です。

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
後藤正彰

誕生日:1959年5月10日
東京都出身・相場歴34年


私が担当するお客様の中には、新社員のころから約30年にわたってお付き合いをさせて頂いているお客様もいらっしゃいます。長きにわたりもっとも大事にしてきたことは、お客様との直接の面談です。今では大手の証券会社でも、頻繁に面談を行う事はなくなったと聞いてます。私は、対面で安心を感じて頂きたいと思い、お客様先へ足を運ぶことを続けてきました。対面ですと、きめ細かなご相談に乗れることが、大きな特徴です。私は、お客様とコミュニケーションをとりながら、細かなご希望に沿った資産運用をアドバイスさせていただいています。