トルコ統一地方選挙

3月31日に投開票されたトルコの統一地方選挙で、エルドアン大統領が率いる与党連合は厳しい結果を突きつけられました。

首都アンカラでの敗北に続き、最大都市イスタンブールでも野党優勢のもようで、低迷する経済や強権的な政治手法で都市部の多くの有権者の支持を失ったと思われます。今回の選挙はエルドアン氏の信任投票とみなされていただけに、政権への打撃は避けられそうにありません。

さらに米国防省が4月1日、トルコに対する米国の最新鋭ステルス戦闘機「F35」に関する機器の出荷停止を発表しました。トルコは10月にもロシアから地対空ミサイル(SAM)「S400」を調達する計画で、米欧の安全保障協力をめぐり、新たな火種になりそうです。

くりっく365、トルコリラ/円日足チャート(OKプレミア365FXより)

出所;くりっく365為替売買動向より、筆者が独自作成

東京金融取引所のFX取引データによると、個人投資家のトルコリラ/円の買い建玉は3月28日時点で31.7万枚。3月21日の直近ピークから減少していますが、フラッシュクラッシュ(瞬時急落)発生前日の1月2日の水準(28.8万枚)を上回り、昨年8月のトルコショック直前(同月3日で32.5万枚)とほぼ同水準となっています。

今月末からのG.W10連休を控え、流動性の低い祝日や週明けの早朝にトルコリラの一時的な下振れには十分注意を払う必要があると思われます。

 

2019年4月16日(火)18:00~19:00(受付開始 17:30)

FX(外国為替証拠金)取引(実践トレード編)【すぐに役立つ実践投資手法勉強会】を開催します。

詳細につきましては、下記URLをご覧下さい。

FX(外国為替証拠金)取引(実践トレード篇)

 

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
森村等

昭和54年大学卒業後に大手商品先物会社に入社し、営業一筋に40年経験を積んできました。20歳代後半から商品先物取引のディーリングを始め、テクニカル分析などのノウハウを構築し、商品アナリストとして貴金属、農産物、オプション取引に精通しています。40年勤めた先物会社を定年退職した後、これまでの経験と人脈を活かし、現在、OKプレミア証券にて外務員活動をしています。最近は商品先物で培ったデリバティブ理論を活用して、フィールドをFX取引にも拡大し、お客様のニーズに応じて、短期、中期、長期いずれの投資スタンスにも対応できる自信があります。お客様から信頼され、末永くお取引いただけますよう、誠心誠意お付き合いさせていただきますので、何卒宜しくお願い致します。