3月決算、高配当銘柄に注目!

コード 社名 市場 株価 業務内容・概況
1884 日本道路 東証一部 6,610円 清水建設系の道路舗装工事事業者。舗装用材料の製造・販売、スポーツ施設なども行う。成長戦略として舗装以外の工事事業、海外事業の拡大などを掲げる。90周年記念配当。新東名高速道路の拡幅工事を2本受注(21年6月まで、請負額80億円)。大阪万博関連の受注を狙い、関西の増員を検討。
◆2019年3月期予想配当一株当たり200円
3834 朝日ネット 東証一部 528円 独立系のインターネットサービスプロバイダ。インターネット接続サービス「ASAHIネット」の運営や教育支援システム「manaba」の開発・販売を手掛ける。2月14日、IPv6接続サービスを株式会社ファイバーゲートのレジデンスWi-Fiサービス向けに提供開始する。より経済的で快適なインターネットサービスを実現することで事業拡大を図る。
◆2019年3月期予想配当一株当たり9円
8058 三菱商事 東証一部 3,191円 国内5大商社の一角で三菱グループの中核。強みである資源分野は原料炭、銅、天然ガスへ集中し、非資源分野は安定収益を高め強化する。ポートフォリオの調整を図る。事業系の持続的な成長と市況系の競争力の強化により、2021年度に連結純利益9,000億円を目指す。配当は、持続的な利益成長に合わせ増配していく「累進配当」を継続し、配当性向を現在の30%から将来的に35%程度に引き上げるのを目指す。
◆2019年3月期予想配当一株当たり63円
8766 東京海上

ホールディングス

東証一部 5,359円 損害保険、海外保険、生命保険等を展開する企業群を傘下に持つ持株会社。東京海上日動が主体。海外保険事業ではM&Aを実施しバランスのとれた成長戦略を推進する。2月15日、AI・機械学習の活用に向けた専門人材育成プログラムを創設、保険引受の効率化、事故の予防及び損害額を軽減するサービスの開発等に活かしていくことをリリースした。
◆2019年3月期予想配当一株当たり90円
9433 KDDI 東証一部 2,535.5円 移動通信(au)と固定通信をともに運営する総合通信事業者。傘下に沖縄セルラー電話、CATV業界大手のジュピターテレコムなどを持つ。グローバルではミャンマーなど新興国でのビジネスに積極的。2月12日、金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス株式会社」を設立し、生活の中心となったスマートフォンを預金、決済、投資、ローン、保険といったあらゆるサービスの入り口とし、スマホ・セントリックな決済、金融体験を総合的に提供する「スマートマネー構想」を始動する。
◆2019年3月期予想配当一株当たり50円

(注)上記5銘柄の株価は2019年3⽉18⽇(月)の終値です。


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
後藤正彰

誕生日:1959年5月10日
東京都出身・相場歴34年


私が担当するお客様の中には、新社員のころから約30年にわたってお付き合いをさせて頂いているお客様もいらっしゃいます。長きにわたりもっとも大事にしてきたことは、お客様との直接の面談です。今では大手の証券会社でも、頻繁に面談を行う事はなくなったと聞いてます。私は、対面で安心を感じて頂きたいと思い、お客様先へ足を運ぶことを続けてきました。対面ですと、きめ細かなご相談に乗れることが、大きな特徴です。私は、お客様とコミュニケーションをとりながら、細かなご希望に沿った資産運用をアドバイスさせていただいています。