EU離脱(ブレグジット)のタイムスケジュール

今週は、ブレグジットの行方を問うイギリス議会の採決に注目です。

3月12日早朝、欧州委員会のあるストラスブールにおけるイギリスのメイ首相と欧州委員会のユンケル委員長との会談で、ブレグジットに関する合意案を「法的拘束力のある」ものに変更することで合意したと発表されました。

この報道にマーケットは「ポンド高」の反応となっております。

ブレグジットを巡るタイムスケジュール

3月12日 現行の離脱案のイギリス議会採決

3月13日 (上記採決が否決された場合)合意なき離脱を問うイギリス議会採決

3月14日 (上記採決も否決された場合)短期間の離脱日延期をEUに要請するかを問うイギリス議会採決

3月29日 EU離脱期限

市場予測は楽観シナリオが多いように感じます。

それだけに、リスクシナリオ再熱となればリスク回避の円買となりそうです

詳細なデータは、お問い合わせください。

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
山本伸一

誕生日:1969年9月19日
千葉県出身・相場歴:25年


私がお客様に説明を差し上げる際、もっとも気を付けていることは、難しい言葉は使わず、理解度に応じたお話をすることです。〝お客様を説得するのではなく、納得していただくこと″。それが、最も大切だと考えております。あくまで〝お客様と一緒に”、随所で有用な情報を差し上げながら、最終的な判断はお客様ができるようなアドバイスが理想です。まずは自分の意思で投資を行ってみて、面白さに気づいていただくことが、長くお付き合いできる大切な要素ではないでしょうか。