沢登大好き証券マンのレポート

■葛葉リベンジに行ってきました。

今月3日に葛葉を遡行しましたが、思わぬ円高の影響(?)で中退しました。20日、入渓点の葛葉の泉では地元の方々が周辺の清掃のため、大勢集まっていらっしゃいました。この方々のおかげで、いつもきれいな環境が保たれているのだと感謝しました。あいにくの曇天の中遡行を開始しましたが、途中沢のなかとしては珍しく風が強く、時折小雨が降るなか詰め上がった三の塔尾根は強風が吹いていました。写真は富士型の滝と三段の滝です。

 

プレミア証券の榊原です。今年2回目の登場です。前回(1/4)のレポートで『超短期的には今日の安いところは買い場と考えています』とご案内しましたがその通りになり、年初からスタートダッシュが効いたようで内心ほっとしています。その勢いを借り(?)、以下5銘柄を上げました。

■5G の基地局や通信工事

今回のレポートでは国内で今年半ばにプレサービスが始まる見込みの5G関連を取り上げます。今年は米国や韓国で大手業者が軒並み5Gの商用化をスタートさせる年ともなります。5Gは大容量化や速い通信速度、超低遅延技術などで通信や動画配信はもちろんのこと、医療や自動運転、エンターテイメントなど幅広い用途があり、20年時点で5G関連投資は世界ベースで55兆円、国内だけでも10兆円レベルに及ぶとの試算もあるようです。5G関連の中で今回は5Gインフラの担い手である通信工事会社と、基地局に焦点を当てます。特に基地局では日本政府が中国通信機器大手2社を事実上調達先から排除する方針を決めたこともあり、日本企業にもチャンスが広がりそうです。ちなみに調査会社のMCAによりますと、17年度の日本国内の基地局向け機器の販売シェアはファーウェイ13%、ZTE2%、NECと富士通はともに18%となっています。

なお下記銘柄の株価(1月18日終値)、PER(当期予想)、PBR(前期実績)の出典はJIJIPRSS、チャートはブルームバーグです。

 

1721 コムシスホールディングス 東証1部

株価 2,826円   当期予想PER 14.48    前期実績PBR 1.73

電気通信工事で最大手で、NTT系が売り上げの5割強です。2019年3月期の自己資本利益率(ROE)は10%程度になる見通しです。5Gの導入に向けた通信工事が伸びるほか、50億円の負ののれんを計上し、今期の純利益は前期比32%増の270億円が予想されています。稼いだ利益は株主還元に充てる方針で、今期年間配当は10円増配し60円とする見込みで、自社株買いも80億円を上限に実施しています。

 

1951 協和エクシオ 東証1部

株価 2,676円   当期予想PER 7.45    前期実績PBR 1.79

NTT工事など電気通信工事大手です。当社は名古屋基盤のシーキューブ、関西で事業展開する日本電通、福岡に本社を置く西部電気工業の3社を傘下に収め、営業エリアの拡大や装置の共有化などを進め経営を効率化、一段の施工能力強化で5G関連需要を取り込んでいく計画です。通信工事は携帯電話関連が好調のほか、IT関連需要も堅調で、年間配当は70円(20円増)の予定です。

 

6503 三菱電機 東証1部

株価 1336.5円   当期予想PER 11.95   前期実績PBR 1.27

総合電機大手です。富士キメラ総研は世界の5Gのシフトに伴い23年に無線の基地局だけで4兆1880億円、端末など関連機器は26兆1400億円の市場が生まれるとしています。そうした中、当社は5Gの基地局間でデータを高速・大容量でやり取りし、かつ消費電力を4割削減する光通信デバイスや、今月10日には現在周波数帯ごとに用意している5G基地局向けの増幅器を、複数の周波数帯に1台で対応できる増幅器を開発するなど、需要の取り込みを図っています。19年3月期配当は減益でも前期並みの40円、自社株買いも検討する模様。また社長直轄の組織を作りM&Aも検討するようです。

 

6701 NEC 東証1部

株価 3,595円   当期予想PER 26.75   前期実績PBR 1.06

通信インフラ設備で国内首位の企業です。当社は韓国サムスン電子と5G向け基地局の開発・販売で提携しました。製品を分担して開発速度を上げ、実用化が近い日米市場を開拓する予定です。英IHSマークイットの調査では現在の基地局市場は中国のファーウェイとZTE、スウェーデンのエリクソン、フィンランドのノキアで9割を占めていますが、当社とサムスン電子は5Gへの転換で先行し商機を伺います。また、海底ケーブル市場で当社はノキア子会社や米TEサブコムと合わせて約9割の世界シェアを占めており競合していますが、通信速度を3割高める技術を開発、本年春より実用化します。

 

6702 富士通 東証1部

株価 6,974円   当期予想PER 13.12   前期実績PBR 1.32

ITサービス、サーバーで国内首位級の企業です。当社とスウェーデンの通信機器大手、エリクソンが5G向け基地局の開発・販売で提携しました。当社が持つ機器の小型化や省エネの技術を共有するほか、販売ではエリクソンのグローバルな販路を生かします。エリクソンは世界の基地局売り上げで3割弱を占める業界2位(英IHSマークイット調べ)で、すでに米国の一部で始まった5Gの商用サービスで製品が採用されるなど先行しています。

 

2月勉強会の日程も近々発表される予定ですので、お気軽にご参加下さい。株式の話から沢登りまでお話し致します。

 

 

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
榊原潔

学生時代に獅子文六著の、田舎青年が東京の株式仲買店に就職し紆余曲折を経て大相場師になる痛快小説『大番』を読み、その主人公にあこがれて商品先物や証券など投資・投機の世界に飛び込み43年が経過しました。
自分の投資スタンスは短期投資です。先の読みにくい時代だからこそ短期で結論を出したほうがいいと考えています。買った株が思惑通り株価が上がれば利食えばいいのですが、逆に動いた場合、見切りができないことが多いと思います。その時にどのようなアドバイスをするかで担当営業マンの真価が問われると考えています。
お客様のご要望は多種多様です。短期投資のみならず様々な観点から最善のアドバイスができるよう、日々研鑽しています。
今後ともよろしくお願いいたします。