12月13日「トルコ中銀」注目の政策金利は?

図(A) 主要通貨の変動率(2018.1.2~12.7)*2018.1.2始値を基準に算出

図(B)トルコリラ/円の値動きと取組高推移(2018.1.2~12.7)

出所:「くりっく365」ヒストリカルデータより森村等が独自作成

 

先週12月3日、トルコ11月消費者物価指数(CPI)の前年同月比は+21.62%の結果となり(事前予想+23%程度)、前回の+25.24%より大きく低下しており、今年3月以来8カ月ぶりのインフレ改善となりました。

トルコ政府の減税措置や値下げキャンペーンの効果以外に、原油相場下落の影響も大きかったように思います。

この結果を受けて、発表直後の日本時間12月3日16時にトルコリラ/円はトルコショック前となる8月3日以来の高値、22.08円を示現しました。

8月13日最安値15.30円から約4か月間で6.78円(約44%)上昇したことになり、年初からの下げ幅の半値近くを戻したことになりますが、上図(A)で他の主要通貨と比較しますと、今年のトルコリラ/円の下げ幅の大きさがわかると思います。

上図(B)内部要因に目を向けると、本年の建玉数量(東京金融取引所)がピーク時(3月14日)の400,498枚から196,132枚(8月24日)に半減した後、12月3日には290,195枚まで増加しました。

今回のインフレ率の低下を受けて、一部には「エルドアン大統領の利下げ圧力が高まるのではないか?」との警戒感も浮上しており、今週13日、日本時間20時発表のトルコ中銀の政策金利の発表が注目されます。

事前の予想では、現状の政策金利24%の据え置きが大方の予想となっていますが、もし中央銀行が政治圧力を受け、金利が引き下げられるようなことになれば、再度下振れのリスクが発生する可能性が高まると思われます。

政策金利の行方はトルコリラの来年に向けての値動きを占う上で、重要な節目になると思いますが、今後トルコリラが本格的に上昇するには、図(C)対外債務(対GDP比)と外貨準備率の改善が望まれるところです。

図(C)トルコのデフォルト確率と対外債務、外貨準備率

およそ10年前と比較しますと、デフォルト確率は低下していますが、対外債務(12ヶ月以内、対GDP比)は13.10%から21.75%へ、外貨準備率は74.65%から36.18%へと、それぞれ悪化しています。

 

出所;Bloomberg finannceより

 

【FXセミナー】を開催いたします‼

[すぐに役立つ勉強会] FX(外国為替証拠金)取引(実践トレード篇)

第1回 2018年12月12日(水)  

第2回 2019年01月30日(水)

時間 18:00-19:00 (受付開始 17:30)

より具体的な詳しい情報を提供させていただきますので、奮ってご参加いただければ幸いです。

セミナーの詳細につきましては下記URLをご参照ください。

http://seminar.premiere-sec.co.jp/event/tokyo_20190130/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
森村等

昭和54年大学卒業後に大手商品先物会社に入社し、営業一筋に40年経験を積んできました。20歳代後半から商品先物取引のディーリングを始め、テクニカル分析などのノウハウを構築し、商品アナリストとして貴金属、農産物、オプション取引に精通しています。40年勤めた先物会社を定年退職した後、これまでの経験と人脈を活かし、現在、OKプレミア証券にて外務員活動をしています。最近は商品先物で培ったデリバティブ理論を活用して、フィールドをFX取引にも拡大し、お客様のニーズに応じて、短期、中期、長期いずれの投資スタンスにも対応できる自信があります。お客様から信頼され、末永くお取引いただけますよう、誠心誠意お付き合いさせていただきますので、何卒宜しくお願い致します。