米FOMCの次は、メキシコ中央銀行政策発表

19日のNY市場は、米FOMCでのハト派な内容期待にNYダウは一時300ドル超上げていましたが、パウエルFRB議長の会見が進行するにつれ、500ドル超まで売り込まれました。

メキシコペソ円は、FRB政策発表前の5.630円から5.570円に下落しました。パウエルFRB議長のハト派な内容は、新興市場の通貨の強材料だっただけに、失望で売られたようです。

11月下旬にメキシコ新政府は、大幅な歳出拡大となる「主要10政策」が意見調査で承認されたと発表しており、景気浮揚への期待が高まっています。なかでも「トレン・マヤ」と呼ばれる鉄道建設は、長さ1,500キロに及び、メキシコ東南部に位置する5つの州を結ぶことになります。

12月21日4:00に発表されるメキシコ中央銀行の金融政策委員会では、0.25%の利上げが予想(ブルームバーグ)されています。

米FOMC後のメキシコ中央銀行の対応に注目したいところです。

詳細は、お問い合わせください。

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
山本伸一

誕生日:1969年9月19日
千葉県出身・相場歴:25年


私がお客様に説明を差し上げる際、もっとも気を付けていることは、難しい言葉は使わず、理解度に応じたお話をすることです。〝お客様を説得するのではなく、納得していただくこと″。それが、最も大切だと考えております。あくまで〝お客様と一緒に”、随所で有用な情報を差し上げながら、最終的な判断はお客様ができるようなアドバイスが理想です。まずは自分の意思で投資を行ってみて、面白さに気づいていただくことが、長くお付き合いできる大切な要素ではないでしょうか。