親しみやすい通貨?

最近のブログで繰り返しオーストラリアドルを取り上げておりますが、欧州や米国と違い、豪州は日本と時差がほとんどないため、私の感覚としては親しみやすい通貨のひとつです。

それは私だけに限った事ではないようで、くりっく365の取引所日報の一般投資家建玉動向をみても注目度が伺えます。直近でみると、先週金曜日10月26日に今年の最安値(78.58円)を更新しましたが、その1日だけで買いポジションが1万枚弱増えておりました。

年初来安値更新の場面なので本来は買うには怖い局面でもあり、投げ売りが出てもおかしくない所ですが、逆に買いポジションが大きく増えております。その後、10月31日の終値は79.9円と1円32銭戻しており、最安値付近で買いエントリーした方々は利益となっている模様です。

このような状況から、オーストラリアドルは日本の個人投資家にとって、依然、人気の通貨といえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ