トルコリラ/円 約3ヵ月ぶりの・・・

トルコリラ/円が、約3ヵ月ぶりに21円台に回復しました。(2018年11月6日現在)

早いもので、8月10日(金)の1日で4円以上(約20%)の値下がり、そして同月13日(月)の15.30円という史上最安値を記録した、あのトルコリラショック以来、3ヵ月が経過しようとしております。

その後、多少もたつく場面もありましたが、9月以降堅調な動きを維持し、今週に入って21円台へと戻ってまいりました。

今後の展開としまして、個人的な見通しになりますが、まだ上値の余地はあるのではないかと考えております。

理由としましては、トルコリラ/円の出来高に過熱感がないように思えるからです。

買い残玉は、23万8248枚(11月5日)と史上最安値をつけた8月13日の買い残玉20万2735枚から約3万5000枚しか増えておりません。

ちなみに、今年の最高買い残玉は3月14日の40万498枚です。このような事からも過熱感は感じられず、当面上値追いが続くのではないかと考えております。

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
櫻井千明

誕生日:1973年9月23日
東京都出身・相場歴:16年


お客様とは何でもお話ができるフレンドリーな関係づくりを心がけています。たとえ取引がなくとも、長くお付き合いが続くこともあり、私がこの世界に入ってすぐ出会ったお客様で、その後約10年かけて契約をいただいた方もいるほどです。
そこで学んだことは“自然体”であることです。若い頃は、お客様とお会いする前に商談の内容を細かく計算していました。しかし、あまり先入観を持たずに、自然体で応対させていただくほうが、良い関係が築けると感じています。