オーストラリアドルの今後に注目

先月(10月)の初旬から中旬にかけ、外国為替市場は、米ドル、ユーロ、豪ドルに対し「円」が強含む値動きでした。NY株安、米中貿易問題、英国EU離脱問題、イタリア財政・政局不安等、世界情勢の先行き不透明感が強まるニュースが度々報じられ、相対的に安全資産の円が底堅く推移した展開でした。

11月に入ると逆に米ドル、豪ドルは比較的堅調な値動き、ユーロは小動きで落ち着いてる様に見えます。米中貿易問題や英国EU離脱問題等の円高圧力になる材料が、徐々にマーケットの中に消化されつつあると感じております。

そのような状況の中で、今後面白いと感じている通貨は、何度か当ブログで取り上げている「豪ドル」です。

10月上旬以降、原油価格が大幅に下落している状況は、資源国通貨の代表である豪ドルとっては弱材料でありますが、逆に下値を固めてきた感があり、堅調な値動きとなっております。

今の原油価格水準が続くようなら、今後、OPECやロシア等主要生産国が大幅な減産をしてくる可能性があり、そうなれば、原油価格は上昇し、豪ドルにとっては追い風となるでしょう。

今後の原油価格及び豪ドル価格の推移に注目しています。

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ