NY金、押し目は買い?

9月28日のNY金市場は安値買いなどが入って8.8ドル高。
前日27日はドル対ユーロから来る割高感から売りが入って大きく値下がりしています。

中心限月の終値は1196.2ドル。

※NY金はこの上を買い切れば、再度もみ合い水準まで帰って来るとみています。
1200ドルの攻防です。

CFTCによると大口投機玉は、9月25日時点の前週比較で売りが1,947枚増加する一方で買いが4,857枚減少、差引残は売り17,648枚になっています。
NY金の8月28日高値1220.7ドル以降、ファンドの売り残は最大になっています。

引き続きこの買い戻しを待ってみたいと思います。


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
野村正和

誕生日:1968年9月28日
東京都出身・相場歴:26年


私は、長年にわたり商品先物取引の現場で結果を出し続けることを追求してきました。非常にシビアな現場での経験を通して、チャートへの嗅覚は、株式だけを経験している人に比べるとかなり研ぎすまされていると自負しています。すべては、自然の法則に従います。流れに逆らっても駄目ですから、普段は、15分足のチャートを眺め続け、全体の流れとこれまでの経験から相場を判断しています。相場取引の世界は、まだまだ未知なる可能性が広がっています。グローバルな視点もたくさん残っています。商品先物取引を中心に力を発揮してきたスペシャリストが揃い、総合的な取引ができるOKプレミア証券は、初めて資産運用を行う方にもきっとフィットするはずです。ぜひ、無理の無いところからはじめて、少しずつ自分のスタイルを築いてみてください。