大幅安の日経平均株価、12月決算銘柄に注目!

米国の金利上昇が再び世界同時株安につながった。10月10日、ダウ工業株30種平均が前日比831ドル安と急落し、11日の日経平均株価も前日比915.18安の22,590.86円まで下げ、PERは13.08倍まで低下した。

今回は12月決算の銘柄で配当が期待できる、今年の高値から大きく下落した銘柄に注目してみた。

コード 社名 市場 株価 業務内容・概況
3405 クラレ 東証1部 1,555円 機能樹脂・フィルムを主力事業に展開する。ポバールの工業分野では世界をリード。人工皮革「クラリーノ」などトップシェアの独自製品群が多い。高分子・合成技術をベースに高収益スペシャリティ化学企業を目指す。クラリーノ素材で折り紙のように折られるスマートフォンケースを開発する。1株予想配当44.00円 予想利回り2.82%
4631 DIC 東証1部 3,500円 印刷インキ世界首位。基礎素材を始めとした事業拡大により、電子材料や合成樹脂も手がけ、機能性顔料やPPSコンパウンドでも世界大手。TET液晶材料などの高機能材料に経営資源を集中する。19年12月期は値上げが浸透し、顔料、樹脂、コンパウンドの採算改善し期待が持てる。1株予想配当125.00円 予想利回り3.57%
5108 ブリヂストン 東証1部 4,186円 タイヤ世界首位。大型建機用ラジアルタイヤでは仏Michelinと世界シェアを2分する。シートパッドや防振ゴム、屋根材、スポーツ用品など事業多角化を進め、グローバル化を推進する。米国工場に13億円を投じ、20年から建設・鉱山用の中小型タイヤを生産する。ZMPと自動運転車による騒音試験を実用化へ。1株予想配当160.00円 予想利回り 3.82%
5201 AGC

(旧 旭硝子)

東証1部 4,345円 板ガラス、自動車用ガラスではグループ全体で世界シェアトップ。ディスプレイや半導体部材などの電子分野と、クロールアルカリやフッ素などの基礎化学品分野で3つの事業柱形成。モビリティ、エレクトロニクス、ライフサイエンスの3領域をターゲット。時速100KM走行でも5G通信できる国内初の車両ガラス設置型アンテナを開発する。需要増に期待が持てる。1株予想配当130円 予想利回り 2.99%
6592 マブチモーター 東証1部 3,990円 自動車電装機器用、民生・業務機器用小型モーターを製造販売、小型直流モーターでは世界トップシェア。海外生産100パーセント。アメリカ、ドイツ、中国、シンガポール、台湾、韓国を中心にネットワークを展開、海外売り上げ高比率9割を超える。後発のブラシレスモーターは無人搬送車や小型移動用機器など他社と異なる市場に注力しシェア確保を狙う。工場に自動検査機を導入し、省人化で採算の向上を狙う。1株予想配当 135.00円 予想利回り3.38%

(注)上記5銘柄の株価及び予想配当利回りの計算根拠株価は2018年10⽉15⽇(月)の終値です。

3405 クラレ

4631 DIC

5108 ブリヂストン

5201 AGC

6592 マブチモーター

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
後藤正彰

誕生日:1959年5月10日
東京都出身・相場歴34年


私が担当するお客様の中には、新社員のころから約30年にわたってお付き合いをさせて頂いているお客様もいらっしゃいます。長きにわたりもっとも大事にしてきたことは、お客様との直接の面談です。今では大手の証券会社でも、頻繁に面談を行う事はなくなったと聞いてます。私は、対面で安心を感じて頂きたいと思い、お客様先へ足を運ぶことを続けてきました。対面ですと、きめ細かなご相談に乗れることが、大きな特徴です。私は、お客様とコミュニケーションをとりながら、細かなご希望に沿った資産運用をアドバイスさせていただいています。