回帰トレンドから見た個別株の選び方。

日米の株式相場は連日売りが売りを呼ぶ展開となっております。本日は、テクニカルを主体に、チャートを見ていただきたいと思います。私は、毎週「テクニカルから見る個別株の選び方」の勉強会を行っております。

本日は、回帰トレンド分析から見る個別株5銘柄を掲載いたします。もし、ご興味を持ちましたら、勉強会にご参加ください。

回帰トレンドとは、5本の線によって分析を行うテクニカル手法。ただし、通常のトレンドラインとは異なり、高値・安値を結ぶようなことはせず中心線を基準とし上下に2本ずつ線を引き調整(標準誤差で加減)し、計5本の線からトレンドを探る手法となっています。

この手法は、5本の線の「傾き」でトレンドを、線の「幅」で変動幅を判断します。中心線からの乖離幅で、売買シグナルを判断できます。以下の5銘柄をご覧ください。

<3687 フィックスターズ>

ソフト開発会社。システムの高速化で業務支援。関連ハードウエア販売も。

<4875 メディシノバ・インク>

米が本拠の医薬品開発ベンチャー。喘息急性発作などの治療薬を開発。

<6616 トレックス・セミコンダクター>

電子機器用、電圧制御回路の製造販売。自動車、産業機器に強み。

<7874 レック>

日用雑貨メーカー。清掃用品やサニタリー用品が主力。「激落ちくん」ブランドで有名。

<9984 ソフトバンクグループ>

日米展開で携帯電話世界3位。傘下にヤフー、ARM、10兆円ファンド。持分にアリババ。

※上記のチャートは、すべてブルームバーグの情報に基づき、高橋英希が独自作成したものです。

5本線が上向きとなっており、尚且つ、σ=-2を下回って(中心線との乖離)いる銘柄を探すのが良いでしょう。

ご不明な点は、お電話、若しくはメールでお問い合わせください。

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
高橋英希

誕生日:1972年11月17日
岩手県出身・相場歴25年


私は、金融業界で20年以上経験があり、株式や商品先物など、お客様へ幅広い提案をしております。ファンドの動向や時代の流れを読みながら、事実を背景に、相場のポイントをお伝えするようにしています。
買いチャンスであっても、余裕を持って取り組むことをおすすめしています。急に相場が反対に動いた時でも、対応がしやすいように考えていきたいですね。この姿勢は少し慎重かもしれませんが、まずはお客様の安心があってこそ、良い取引ができると信じています。