金相場下落中!!!

初めまして、プレミア証券㈱の営業からの情報発信ブログ、初投稿になります。

現物株、信用取引、225先物、FX、商品先物と多岐に渡る選択肢をお客様にご提案できるのがプレミア証券の強みです。その分、我々営業は日々多方面に目を向ける必要があります。

当ブログでは商品先物を担当させてもらいますので、宜しくお願いします。

さて早速ですが、今回は金相場についてです。6月から戻りらしい戻りもなく、8/16に4112円までの下落に至りました。6月中旬から下げ幅約500円強。

続くドル高が金相場を圧迫し、直近ではトルコ・ショックが金融市場を襲い、ドル高に拍車を掛け、金相場の下落速度に拍車を掛けた格好です。

今後もドル相場の行方が金相場を左右する可能性が高いと言えますが、今回は違う視点で相場を捉えたいと思います。

相場の格言に”踏んだらしまい・投げたらしまい”というものがあります。つまり、その局面が相場の転換点になる事が珍しくないという意味です。

東京商品取引所が日々発表するカテゴリ別取組高表(6分類)の”投資家”と”取次社経由”のカテゴリの売り買いの合計の差し引きを、日々見比べてみると、上記の8/16に前日比で約10%、買い越しが減少しています。買い越しが減少しているという事は、文字通り買い玉が処分された事を意味します。

まさに上記の”投げたらしまい”の局面だった可能性があるという事になります。実際、その後安値から100円弱の戻りを演じました。

あくまでも私の意見ではありますが、投げを確認したという意味で、安値(4112円)を割り込まない限り、強気の見通しで相場を見たいと考えています。

ご意見、ご質問等ございましたら、お気軽にメールください。今後は金以外でも気になる銘柄があれば、投稿したいと思います。


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


コンシェルジュ
大屋貴司

誕生日:1978年10月26日
千葉県出身・相場歴17年


相場とお客様と共に歩んできた17年間、商品先物だけでなく、FX、225先物、現物株と自分のスキルとお客様への選択肢を広げるため、OKプレミア証券に所属しております。
相場を取り巻く環境も一夜にして変化することが珍しくない時代、だからこそ担当者の存在意義が大きくなっていると考えております。当ブログでは、商品先物をメインにコメントさせていただきますので、宜しくお願い致します。