注目する個別株銘柄

はじめまして!榊原と申します

これから定期的に、自分が注目している銘柄をご紹介させていただきます。またご紹介しました銘柄の、その後の経過もご報告させていただく予定です。

自分の投資スタンスは短期投資でキャピタルゲイン狙いですが、状況によっては配当狙いなどの長期投資もありと考えています。

今回は需要が供給を上回る状況が続くシリコンウエハやEV電池関連銘柄、トランプ大統領の貿易摩擦の影響を受けにくいであろう銘柄などご紹介いたします。

 

3445 RS Technologies 1部   5440円(8月17日引値)

300ミリ再生ウエハで17年の世界シェアは30%に達しており、18年には世界シェア40%を目標にしています。またプライムウエハにも進出、現在は200ミリウエハを製造していますが、300ミリウエハにも進出予定です。プライムウエハでは中国で中央政府直属企業と合弁会社を設立、「中国製造2025」では半導体国産化率の引き上げが重要な政策課題となっており、中国半導体施策の恩恵を享受できそうです。8月3日に半期業績の上方修正をしています。

 

5713 住友金属鉱山 1部 3717円(8月17日引値)

非鉄金属と電子材料が2本柱です。ニッケルの高価格増産などで精錬事業向上、車載電池向け正極材料も拡大しています。中国や欧州が電気自動車(EV)を普及させる政策を打ち出しました。EV普及のボトルネックになりそうなのが正極材に使われるコバルトです。コバルトはコンゴが世界の6割を産出するほか、ニッケルなどの副産物としても生産されます。当社は電池材料のニッケル酸リチウムも増産しており、EV普及は同社の業績を後押ししそうです。

 

7532 ドン・キホーテHD 1部  5210円(8月17日引値)

8月10日本決算発表があり、上場前から29期連続の増収・営業増益となりました。積極的に出店、本年6月末で418店舗(前年同月比50店舗増)となっています。インバウンドもリピーターが増加、訪日客からの売り上げは前期に高島屋を上回りました。訪日客には深夜営業も支持されています。ユニーとの共同店舗(6店舗)は売り上げ、客数とも約2倍に伸びており、19年以降は年間20店舗程共同店舗とする計画です。大原社長は西友の買収にも興味を示しています。

 

3088 マツモトキヨシHD 1部  4140円(8月17日引値)

8月9日に4~6月の決算発表がありました。純利益は前年同期比15%の66億円で、同期間として過去最高を更新しました。成田空港に出店するなど訪日客需要にも積極展開しています。中国越境ECは化粧品中心に伸び、国内での購買促進にも寄与しています。自社のアプリを活用し売れ筋商品を選別。採算の良い化粧品も伸びました。食品の売り上げを10%に抑えながら、ドラッグストア本来の強みを磨いています。

 

4385 メルカリ マザーズ  3835円(8月17日引値) 

ユニコーン企業(評価額が10億ドル以上の非上場のベンチャー企業)として鳴り物入りで上場、8月9日に初の本決算を発表しました。それによりますと売り上げに関しては概ね予想通りでしたが、営業利益や経常利益、当期純利益は海外事業や国内新規事業が投資フェーズにあり宣伝広告費など要したため、前期実績を下回りました。しかしフリマアプリの市場規模(17年4835億円前年比58%増)や、伸び悩む事業からの早期撤退方針、AIやブロックチェーン、VRなどに積極投資する方針など期待が持てる内容と考えています。

 

上記5銘柄以外でもご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

コンシェルジュ
榊原潔

学生時代に獅子文六著の、田舎青年が東京の株式仲買店に就職し紆余曲折を経て大相場師になる痛快小説『大番』を読み、その主人公にあこがれて商品先物や証券など投資・投機の世界に飛び込み43年が経過しました。
自分の投資スタンスは短期投資です。先の読みにくい時代だからこそ短期で結論を出したほうがいいと考えています。買った株が思惑通り株価が上がれば利食えばいいのですが、逆に動いた場合、見切りができないことが多いと思います。その時にどのようなアドバイスをするかで担当営業マンの真価が問われると考えています。
お客様のご要望は多種多様です。短期投資のみならず様々な観点から最善のアドバイスができるよう、日々研鑽しています。
今後ともよろしくお願いいたします。